Question:
中国人社員が日本に出向する場合、その期間の所得税及び翌年度の社会保険基数について、教えてください。

Answer:
以下の内容をご参考ください。
(1)個人所得税に関して
上海の会社が支給した人民元給与に対して、上海納税します。
・日本の会社が支給した手当名義の費用に対して、日本で納税します。
(2)社会保険基数に関して
上海の会社が支給した給与を基数として計算すればOKです。日本の会社から支給した金額を基数として計算する必要はありません。
中国人は日本に出向(転勤)する場合は、企業内転勤ビザ(中国での労働許可証に相当)を申請することができ、労働契約の締結は不要です。
上海の会社との間では労働契約の維持、社保・住宅積立金の納付継続が必須です。
上海の会社は現地スタッフと別途協議(覚書等)を締結することが必要です。
約定内容:
上海の会社が支給する給与額。
②日本の会社が補充金として支給する一定の金額。
 *日本から報酬が出る場合
  原則として、日中社会保険協定施行までは日本での社会保険加入が必要です。
  その場合は、日本の公的医療保険が利用可能ですが、旅行傷害保険の加入も検討事項です。
③ 中国社保住宅積立金:中国の会社で納付継続。
休暇祝日は日本の会社に従い、有給休暇を保証。
⑤ 帰国福利:日本の会社は帰国チケットを提供するか否かなど。
⑥ その他:日本での住宅手当等。