Question:
アモイ店の従業員が失業金を受け取るため、会社に「労働契約解除」を要求しました。
現在、二つの解決方法を考えています:
契約更新通知書及び契約書を提出し、31日前に更新手続きを行なうように要求します。手続きを行なわなければ自動的に離職と見なします。
離職証明書を提出しますが、この従業員に対して「離職は個人の原因で、離職証明は失業金を申請する目的のためにのみ使用し、経済補償金の証拠と見なさない。」というような内容の保証書を提出するよう要求します。
上記二種類の方法であれば、どちらが会社にとって良いでしょうか、また何か他に方法がありますか?

Answer:
①の方法を推薦します。
同時に、会社は告知義務を履行したものの、従業員が更新を希望しない、ということを証明する必要があります。具体的な注意点は下記の通りです:
『労働契約更新通知書』を提出し、規定時間内に労働契約を締結することを要求します。期限を超えて、締結しない場合、『労働契約終了通知書』を提出し、労働関係は終了したと告知します。
「自動的に離職と見なす」を「規定された時間内に会社に対して通知書返信を送付しない場合、従業員は労働契約を終了し、更新しないことを要求するとみなす。」に改正することを推薦します。
従業員が受取に署名しない場合、会社は有効送達地を利用し、通知書を郵送することができます。その郵送届にはファイルの具体的な名称を書く必要があります。また写真を撮って証拠を保留する、あるいは郵便局の記録を保留することができます。
②の方法は会社に対してリスクがあるため、推薦しません。
以前実際にあったケースとして、従業員が部屋を購入する際の貸付金を申請するため、会社に偽の収入証明書を出すことを依頼しましたが、のちにこの証明書を使って会社を控訴し、給与の差額や経済補償金の基数などを要求した事例がありました。