《中華人民共和国障がい者保障法》では雇用単位は一定の比率で身体障害者の雇用を義務付け、身障者の雇用促進を図っていますが、規定率の障がい者の雇用が達成できない場合は保障金を納付する規定となっています。 障がい者の採用 障がい者就業保障
会員様のログインはこちらをクリックしてください