労働関係の執行“地点”の基準は下記のように多様です。 A:雇用単位登録地 B:労働契約履行地 C:社会保険納付地 D:労働報酬支払地 本来、A~Dは同一であることが望ましいものの、社会保険制度の未整備な中での ・地域間異動の活性化 ・
会員様のログインはこちらをクリックしてください