労働契約法施行後、“辞められるリスク”に代わって“辞めさせられないリスク”が企業の課題となっていますが、主動的離職の場合、同業他社への転職が多い中国では、企業機密の保護に留意する必要があります。 機密保護にかかわる従業員との契約は「競業制
会員様のログインはこちらをクリックしてください