2016年8月の国務院《実体経済企業コスト引下げ業務方案》にて、企業の対応能力と労働者の最低労働報酬権益保障のバランスを取り、地方政府は合理的に最低賃金標準の調整幅と調整頻度を確定するよう指導するとしています。 最低賃金:http://co
会員様のログインはこちらをクリックしてください