Question: 同じ日本企業を親会社とする中国子会社間の兼務は可能でしょうか?可能な場合、どのような点に注意する必要がありますか? Answer: 兼務について、 ①日本からの駐在員:日本本社からの駐在員が子
会員様のログインはこちらをクリックしてください