日本では労働基準法により入社半年後から有給休暇を付与しなくてはならないとされていますが、中国では法定有給休暇は累計就労年数“工齢”(他社就労を含む就労履歴通算年数)により付与されます。就業規則において、試用期間中の有給休暇使用権を認めないと
会員様のログインはこちらをクリックしてください