column19
上海に着てから勉強のために地元の新聞を買うようにしています。上海に来たときにはどの新聞が良いのかもわからず、色々探したものですが、今では愛読誌も見つかり「東方早報」という新聞を愛読していました。ところが、昨年年末12月31日に事件が起きました。いつも買っている新聞スタンドのおばちゃんから一言「明日は新聞ないよ」。
この時はあまり驚きはありませんでした。日本の休刊日のようなもので、元旦はお休みなのかな?と思っただけでした。おばちゃんに「いつまでないの?」と尋ねると、「もうずっとない」と。意味がわかりません。

新聞の表紙を見てようやく納得します。「読者へ」という言葉と共に、本日が最終発行であること、紙媒体での読者減少につき、2年ほど前から展開しているネット媒体にシフトすること等が書かれていました。その前にどこかに告知はあったのでしょうが、全く気づかず非常に驚かされました。(スタンドのおばちゃんも知りませんでしたから・・・)
「東方早報」休刊の理由にも挙げられていた、紙媒体の読者減少ですが、日本でも度々話題になりますが、紙媒体で新聞を読む人は本当に減っているようです。確かに、朝夕の通勤時に新聞を読んでる人を見かけることが本当に少ないです。朝は駅で配っているフリーペーパーを読んでいる人を見かける程度で、ほとんどの人はスマホでゲームかドラマを見ているという感じです。一抹の寂しさはありますが、ネットでは情報の更新速度も速いですし、アクセスも簡単ですから、紙からネットへの移行は時代の流れなのだとは思います。

はっとさせられたのは、この休刊の際にタイトルに掲げられていた成語です。
「青出于蓝,而胜于蓝」とあり、「青は藍より出でて藍より青し」ということで、紙媒体はなくなるが、ネットではこれまでよりももっと良いものを提供していくという決意表明でした。コチでも昨年からコチCaféページの作成、HRライブラリの拡充、中国語コンテンツの提供とICT分野にも注力しています。より便利に、いつでもどこでも人事に関する情報を提供できればと思っていますが、それだけに止まらずホームページ上だけのオリジナルコンテンツを拡充し、「青出于蓝,而胜于蓝」と胸を張って言えるくらいにしてきたいなと決意させられました。

 

kikuchi-sq2edit by 菊池 円