2017年1月1日より新しい法律重大労働保障違法行為社会公布便法》が施行されました。企業が従業員に支払う労働報酬の妥当性や社会保険納付状況、労働時間及び休暇規程等、労働保障法規順守が厳しく管理されることになります。

新しい法律の施行を受け、当法律の解説も含めた、施行に備えた労務管理検証のセミナーを開催いたしました。

20170119seminar-1

セミナーでは、より実務的なアドバイスを行うために、実例を多く取り入れ、ケーススタディ形式で労務管理上の注意点やコツについて解説いたしました。
《ケース①》
課長職に対して、不定時労働制が承認されませんでした。高級管理職残業代を抑制する方法はありますか?

《ケース②》
長期傷病休暇社員に対し、勤務年数が長いため100%の賃金を支給しています。賃金を下げることはできますか?

《ケース③》
長期病欠社員が未使用の有給について買取を要求してきましたが、買い取らなければいけいないのでしょうか?

御社でも上記と同じような状況がありませんか?
従業員の公平性そして業績向上の為の労働管理を行うためには、“合法”だけではなく、“合理”、“合情”を意識することが秘訣だと提言いたしました。

20170119seminar-2

 

当日ご参加できなかった方で、給与の最新動向をお知りになりたい方はお気軽に担当迄ご連絡ください。
また会員サービスや人事労務、人事制度等、人事に関するご相談がございましたらぜひ下記担当までお気軽にお問い合わせください。>> お問い合わせ
Email: info@cochicon.com
TEL:021-6418-8983

担当:李/Ms. 松村/Ms.