・定年後再雇用の主目的 ・社会保険費用負担が消失し、雇用コストが軽減される ・後任の育成が十分ではなく、業務上の必要性が高い ・再雇用者の使用規定/勤務規定の制定 ・職務、職位:役職は一定期間(1~2年)で外すのが一般的。
会員様のログインはこちらをクリックしてください