《国務院発令1989年36号》 「従業員の親族探訪休暇待遇に関する規定」による休暇で、法定休暇ですが、一部の国営企業を除き運用されておらず、現在廃止が検討されています。 ●従業員が遠隔地に別居の配偶者を訪ねる場合:年1回、休暇期間30
会員様のログインはこちらをクリックしてください