日本の企業・大学のホームページで“グローバル”の表現を見ないことが珍しいほど世界視野が求められている昨今です。 特にこの中国においては、市場の動向を踏まえ製造業におけるビジネスモデルの再構築、B to Cビジネスへの参入などを
会員様のログインはこちらをクリックしてください