日本の企業・大学のホームページで“グローバル”の表現を見ないことが珍しいほど世界視野が求められている昨今です。

特にこの中国においては、市場の動向を踏まえ製造業におけるビジネスモデルの再構築、B to Cビジネスへの参入などを

背景に事業の三要素といわれたヒト、モノ、カネ、のうち“ヒト“の重要性が増してきています。

その“グローバル”&“ヒト”の戦略を現地に合致したものを確立することが海外での事業展開の成否を決めるとの思いで、

我々は日本で各企業様が培った文化と中国で求められるヒトの政策・文化とのベストミックスを求め支援させていただきます。

コチの支援の柱は、
① 頻繁に更新される人事政策、中国特有の労務・慣習をその運用を含めて、正しく会社政策への組み込みを行う。

 また現場の実務検証を実施することにより健康診断を行う。(人事基盤整備)

② 地域・マーケットに合った人事制度(評価制度&報酬体系)を構築し会社方針・戦略に組み込み企業文化を醸成する。

 またその評価制度に伴うアクションを労務の面から支援する。(攻めの人事)

評価制度の実践を通じて現地社員の育成計画・幹部登用計画を含む人材育成戦略を支援する。

(グローカルの推進)

中国での“人事“の専門家集団として専門知識・経験をもってご支援します。