cochiparty20160129

去る1月29日、弊社の忘年会が思南路にある「原庐」という店で行われました。忘年会委員会のメンバーが1か月以上も前から準備をしてくれ、とても楽しいひと時を過ごせました。

弊社の忘年会は家族帯同が恒例となっており、各々が自分の親、配偶者、子供、彼氏彼女等帯同で参加します。ご家族の皆さんも、普段家では見ることができない、会社の中とは一味違った姿を見る機会となっており、大好評な企画です。

忘年会では表彰会も行われ、年間優秀従業員賞が表彰されました。毎年、テーマを決めてそのテーマに向けて一番頑張った従業員を表彰します。2015年は「ギアチェンジ」というテーマで、一番成長が著しかった社員1名が表彰されました。全員が納得できる受賞で、表彰を見守ったご家族もさぞかし鼻が高かったのではないでしょうか。

日ごろ人事労務制度の改善PJに携わらせていただいており、どうすればモチベーションを上げ、日常の業務に携われるかを一緒に考えています。「お金」という簡単な方法に逃げずに、コストが決まっている中で、やる気を与える要素を探し続けています。忘年会での表彰は、実際に表彰された人だけでなく、今回受賞を逃した従業員も「会社や上司が日ごろの頑張りを見てくれている」ということを認識できる機会なのではないかと思いました。

以前に見たプレゼンの中で、同じ金額を「チームインセンティブ」として渡す場合と、「個人インセンティブ」で渡す場合、どちらの方が効果を発揮するかを実験したものがありました。結果として、「チームインセンティブ」の方がより業績アップにつながったようです。チームとして努力や喜びを分かちあうことで、モチベーションを上げることにつながったものと思われます。
ほとんどの会社の就業規則の中では「表彰」について記載がありますが、「チーム表彰」を実際に実施してみるのもモチベーション向上に一役買うのではないかと思います

最後になりましたが、
皆さま、1年間お疲れ様でした。2016年もよろしくお願いいたします!

6edited by 飯田 拓也