法規では標準労働制の場合の残業は月36時間以内とされており、残業手当の付与が規定されています。 残業手当の規定:労働法36条: 1日1時間、特殊な場合は3時間/日。36時間/月            44条: 割り増し賃金      
会員様のログインはこちらをクリックしてください